市民と野党をつなぐ三田の会ー虹の会さんだ

市民の力で、衆院選「兵庫5区」に野党共闘を実現しよう。

加計が食い込んだ下村元文科相夫妻――驕れる安倍一強への反旗 #1

f:id:rainbowsanda170422:20170703205418j:plain

文春オンラインが下村元文科相の夫人が加計に深く関与を指摘

 下村元文科相が都議選中の週刊文春の記事を選挙妨害として避難したが、実は夫婦共々加計理事長とはズブズブの関係を文芸春秋が記事にしている。因みに下村は記者会見で加計理事長と自身、妻の関係について言葉を濁している。例の首相の昭恵夫人下村今日子夫人とは大の仲良しで、加計理事長とも飲み仲間でもある。

昭恵氏と今日子氏は加計学園と米国の小学校との

姉妹校締結に尽力。加計理事長はお友達ってホント? 

 記事引用●本誌5月号「安倍首相『腹心の友』の商魂」でも触れたように、英数学館小は岡山理科大学を運営する学校法人「加計学園」傘下の小中高一貫教育の小学部だ。現在、加計学園グループを率いる加計孝太郎の長男役(まもる)が、経営母体である「広島加計学園」の理事長を務めている。
 この英数学館小学校が06年3月、米ヴァージニア州のグレートフォールズ小学校と姉妹校提携を結んだ。以来、毎年「イマージョンプログラム」なる英語の集中授業をおこなってきた。くだんのチラシは、姉妹校提携から7年後の13年のものだ。そこに2人の女性がコメントを寄せている。1人は安倍昭恵、もう1人が下村今日子である。
〈グレートフォールズ小学校との姉妹校締結の橋渡しをさせて頂き、大変光栄……〉
 昭恵の熱いメッセージに続いて今日子もコメントしている。
〈私がアメリカの小学校と英数学館のイマージョン教育同士の姉妹校提携の調印式に参列してから7年が経ち、今年小学校イマージョンクラス1期生が中学へと上がりました。英数学館は常に未来を見すえ、子供たちが夢や志をグローバルな社会で適えることができる最高の教育環境を与え続けています〉
 加計学園による米国の小学校との姉妹校提携は、第一次安倍晋三政権が発足する半年前のこと。奇しくも第二次安倍政権が発足した明くる年、提携の立役者である2人の夫人がチラシに登場している。首相夫人と文科大臣夫人、2人の間柄を会社組織にたとえたら、社長夫人と重役夫人のようなものだろうか。

下村求

 ※詳しくはwebから 次号に続きもあります。

bunshun.jp