市民と野党をつなぐ三田の会ー虹の会さんだ

市民の力で、衆院選「兵庫5区」に野党共闘を実現しよう。

秘密保護法に反対する三田の会

 10月8日、秘密保護法に反対する三田の会が主催する、あすわか(「明日の自由を守る若手弁護士の会」)の寸劇と講演を聞きに行きました。会場で会ニュースの配布と講演後のビラ配布参加の要請をしていただきました。約30名の参加でした。その後、約30分と短い時間ですが、ビラ配布を10名で行いました。

●あすわかのご紹介(内容はあすわか兵庫のFacebookより引用)

あすわか(正式名称:明日の自由を守る若手弁護士の会)は、憲法改正論議が高まる中で、市民の方々に、実は私たちの暮らしにとても身近な存在である憲法の内容やそれを取り巻く情勢について知ってもらうことを目的に結成した団体です。

あすわか兵庫支部は、兵庫県弁護士会所属の若手弁護士が2013年10月に結成し、現在メンバーは35名を超えています。
少しでも多くの市民の方々に、憲法について興味をもってもらうため、兵庫県内各地で憲法カフェや出張講義をしています。
また、弁護士で結成した劇団あすわか兵庫がオリジナル憲法寸劇(『憲法ができるまで』『せんそうがおきるまで』)を上演するなどしています。

憲法カフェ、居酒屋憲法憲法紙芝居、親子で憲法、安保法制解説講義、憲法寸劇などなど、様々なご要望に柔軟に対応いたしますので、ぜひともお声をおかけください。

f:id:rainbowsanda170422:20171009203913j:plain

f:id:rainbowsanda170422:20171009204041j:plain